査定を受けないことには中古車の売却はできません

以前、知人の使用済み車販売業者の方に、12年乗った愛車を査定しにいきました。

私的には、廃車寸前だと言うことで、値段をつけてもらえるかどうか心配でしたが、その下取り価格は3万円でした。



そのあとは、その車は修繕され多くは代車として再利用されるそうです。今どんな車をお持ちでしょうか。


その車を売りに出す時には、できるだけ高値で売っておきたいところです。売却したい車のボディカラーが、もしも一般に人気の高い色だったなら、査定の時に結構高い値段がついたりすることもあり得ます。車の人気カラーなどというものは、移り変わっていくものではありますが、ブラックとホワイト、そしてシルバーなどは堅調でいつの時代においても、もちろん現代においても人気を維持し続けています。買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、特別に前もって準備することはないでしょう。



売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの何種類かの書類が入り用になってきます。引っ越しをしていたり結婚したりして姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。


自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といって値段がつかないこともあります。また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。走行距離数が年式の割に極端に短いと、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化しているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。



車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。でも、ちょっともったいないと思いませんか。下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。手間かかるのはいやだなと思う気持ちも多少はあるかもしれませんが、車のコンディションや年式によっては下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、買取業者のほうが高かったんです。



特に高額だった1社にきくと、ちょうどこの車を探しているお客さんがいるのだそうです。

2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。

現金を持ってディーラーに行き、ディーラーから車を購入しました。下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。

さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。


曇天の日や雨が降っているときなどは、総じて車のアラが目立たないのでマイナス点がつかない分、高額査定が見込めるなどと言われますが、見落としやすいからこそ逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。
それに晴れだってメリットがないわけではありません。

洗車済みの車は明るい晴れの日のほうが新しく美しく見えます。天気がどうこうという話では昔から一長一短ですから、雨天査定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。



何十年も経っているという車でも、中古車業者に買取を依頼すれば、意外な高値で査定してもらえることもあります。一例として、メーカーの生産台数が少ない車などは、いわゆるコレクターズアイテムとして高い価値があります。マイナーな車種が一躍、人気の車種へ変貌するわけです。買取額で1円でも得をしたいなら一社だけではなく複数社から査定を受けましょう。それに、自分の車の買取相場をネットで検索しておくというのもいいですね。
査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、多くの店舗が、自宅などに来てくれる出張査定が可能です。

査定スタッフが車のあるところまで来てくれて実物を見て確認し、査定額を算出してくれる方法です。
こういった査定の方法は一度に多くのスタッフに来てもらっても構わないのです。
一気に複数の業者に依頼すれば時間短縮にもなりますし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で価格競争が行われますから最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

車査定は普通の車を売るときに使って、レアな車はネットのオークションを利用して売るというのが良い手段かもしれません。
ところが、ネットオークションだと個人売買なので、何かしら問題が生じる可能性もあります。

リスクのある売り方を避けたいのであれば、やはり車査定という手段を取る方が良いと思います。
中古車を売買しようとするときに、多くの業者に出張査定依頼をして、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。

「相見積もり」を依頼する長所と言えば、査定スタッフが同時に価格を提示することで価格競争になり査定額が上がることです。
中古カービュー車査定会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、相見積もりを快諾してくれる業者は購入意欲が高い会社が多いようで、査定額が業者間でつり上がることを期待しても良いでしょう。


ちょっとでも中古車の査定額をアップするために抜群に効果的な方法なのです。


以前、知人の使用済み車販売業者の方に、12年乗った