車を売る際に、車検が切れている場合はどうすれば良いのか迷うこ

子供が生まれたので車を乗り換えて、ミニバンにしようと決めました。


購入費用の足しにするために、もともと妻が所有していたムーブを査定に出そうとしたのですが、だいぶ長く乗っていたもので(10年以上です)、お金になるのかどうか心配もありました。
ですが、一括査定サイトを利用して複数の業者から一括で見積もってもらい、現物を査定に来てもらうとだいたい20万円で売ることが出来ました。


いくら売却したいと思っていても、査定のために買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのは無茶としか言いようがありません。
一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。

ただ、ひとつだけ有難いのは、スピードです。


査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。うっかり車検を切らしている車は査定をどうしたらいいかというとまったく問題なく査定は受けられますが、しかし車検切れの車はご存知のように公道は走れませんので、査定を受けるには出張査定しかありません。お金をかけて車検を通し、それから売ることを考えるより、車検は放っておいて売ってしまう方が、必ずトータルでお得になりますから、ここは迷わず出張査定を受けるべきでしょう。



もちろんこういう出張査定も一社からではなく複数のところから受けておくと手間はかかりますがお得なはずです。買取は詐欺の温床でもあるので気を付けましょう。他社と比べて高額な査定金額を提示し、契約させておいて、あれこれと理由を付けて当初の金額よりも大幅に減額して買い取ろうとしてきます。

そんな額では納得できないと断ろうとすると、車は既に輸送済みだなどと言って、運送や保管にお金が掛かったからなどと言って支払いを要求してくる手口もあるようです。その他にも、車の受け渡しをしたのに買取代金が振り込まれなかったという事件も報告されています。

中古車査定サイトを使おうとする時には、提携業者をまずは確認しましょう。一部の一括査定サイトには、自分の住む地域に対応していないようなマイナー業者が数多くある場合もありますし、売却しようと思っている車種の買取を苦手とする業者もあります。



どんな業者が参加しているのかを確認して、自分の条件に合うサイトなのか判断をして下さい。
自動車を査定や見積もりに出す場合に要るものは車検証のみですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書を準備しなければいけません。もし必要書類のうちの一つである納税証明書をなくしてしまったときには、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところが違ってきます。
売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。車の売却する折、ディーラーに下取りしてもらうのと買取業者に売却するのは、どちらにメリットがあるのでしょうか。最近は、一括査定などを使って、査定買取業者にお願いする人が増加しています。しかし、いつも買取業者に売る方がいいとは限りません。
例を挙げると、決算期やお正月の下取りキャンペーンのときなどはディーラーの方がいいこともあります。同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている車でも買取業者などに売却することは可能です。



売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。



しかし所有者が既に亡くなっている際は、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

このときは、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。その場合は書類も増えますし、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。
中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、事故車や輸入車や軽自動車など、限定された種類の車の販売を得意とする、もしくは専門で販売している会社というものがあります。


もし売却予定の車が軽だったら、やっぱり軽の販売専門の業者の方がきっと高値を付けてくれるはずです。ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、他の業者よりもちょっと高い金額を表示してくるので、判別することができるでしょう。
簡単な項目を入力するだけで瞬時に査定額が分かるネットの中古車一括査定サイトは、車を売却する際には大変有用な手段のひとつです。

無料の中古車一括査定サイトに申し込むとその直後から一気にたくさんの営業電話がかかってきますが、特に必要としないところへはもうすでに売却済みだと嘘を付くことでしつこい電話攻勢も止むことでしょう。愛車を高く見積もってくれたいくつかの会社に絞り込んで、現実の見積もりに進んでいきましょう。
ちょっとでも高く売りたいからと言っても、相場と比べて異常に高い査定額を示してきたところは何か裏があるかも知れませんので気を付けた方が良いでしょう。

子供が生まれたので車を乗り換えて、ミニバンにしよう